えいちゃん(さかい きよたか)

えいちゃんのぶろぐ

entry_top_w.png
足柄の寄にあるnicoichi古民家に遊びに行き、そこの近所の川辺でたくさんのホタルが灯っているのを鑑賞しました。ホタルの光って、ちらちらと点滅するんではなくて、つーっとはっきりつよく光って、数秒後には消えてしまう。言葉にあらわせない、写真には撮れない美しさ。でも、ちゃんと見れるんだよ。ぼくの胸に去来したのは何?

寄のホタルを見に行こう! - 松田町公式ホームページ

nicoichi古民家 ナツノオト2019夏至イベント
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
文京区の白山にある白山神社に紫陽花を見に行きました。雨に濡れた紫陽花はきれいです。


せっかくここまで来たのだから、母校の東洋大学に行ってみました。卒業してから初めての訪問で、昔の面影はまったくありません。もしかして、これはぼくが通っていたころの飾ってあったものとは違うかもしれないけれど、昔を思い出せる何かがあるとすれば、井上円了記念館にある四聖(釈迦、孔子、ソクラテス、カント)のレリーフだけではないかしら。すっかり小ぎれいで立派になった大学の構内を歩きながら、なんか、淋しい。東洋大学のこれからのますますの発展をお祈りします。


まだ明るい夕方ごろ、水道橋の三崎稲荷神社にお参りしました。


そして、東京ドームシティホールで世界一ギターのうまい夫婦のバンド、TEDESCHI TRUCKS BANDを見たのです。 The Allman Brothers BandやGrateful Deadから数十年、ロックの進化をこのバンドに目撃。むちゃくちゃかっこよかった。


雨の日のいい一日でした。
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
こんな夢を見た。ぼくは大きな元米軍ハウスが三棟並ぶ街にいて、そこではいくつかのライブ・ハウスやライブ・バーといくつもの雑貨屋さんがあり、ラテン・ミュージックが通りにあふれている。雑貨屋さんに入ったり、少しのテキーラでほろ酔いなったりしていると、二人の友だちに出会う。友だち二人とぼくの三人はいくつものバス停のあるバス乗り場に行き、そこで、大阪行きの小さな船に乗る。船の中ではダンス場があり、そこで、ラテン・パーカッションとダンスの練習を数人でしている。友だちの一人は、そのダンス場に、ここでラテン・ミュージックを習うんだよ、と言って、入っていく。ぼくともう一人の友だちはダンス場には入らず、船の廊下を歩き、次の部屋に入ると、そこはラウンジ・バーとなっていて、ガット・ギターやラテン・パーカッション、管楽器、コントラバスが置かれ、これからライブが始まるらしい。友だちとぼくは椅子に腰かけて、店員が注文を取りに来ることとライブの始まるのを楽しみに待っている。そして、大阪に着けば、その町のライブ・ハウスで伝説のラテン・ミュージシャンたちがライブをするのを、ぼくは友だちから聞かされている。

そこで目が覚めた。これはきっと逝ってしまわれた河村要助さんが見させてくれた夢だと、なんとなく思った。大阪って、なんとなくラテンって気がします。On a slow boat To ChinaならぬOn a slow boat To Osakaのいい夢でした。
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png

河村要助さんが亡くなったというニュースをネットによって知りました。ニュー・ミュージック・マガジン、そして、ミュージック・マガジンの表紙を描いていたころからのファンでした。

稀代のイラストレータ、河村要助は、時代が昭和から平成に変わり、世紀をまたぐ前に、何かの治りにくい病気となり、シーンから突然、姿を消した。ぼくは真相はよく知らない。だからなのか、今、要助さんの画集「伝説のイラストレーター 河村要助の真実」を見ていると、懐かしいあの時代が真空パックされているみたいなのだ。ぼくが一番好きなイラストは河内音頭三音会オールスターズのアルバム『東京殴り込みライヴ』のジャケットかな。

今はもう令和で、こんな悲しいニュース。昭和にもどりてーなー。今夜はファニア・オール・スターズのサルサを聴いながら、河村要助さん、さようなら、忘れないよ、と献杯します。





entry_bottom_w.png
entry_top_w.png

本当に久しぶりに寄席に行きました。浅草演芸ホールです。土日でもなく、休みの日でもない雨の日の昼から席はほぼ満席。

いろものと呼ばれる演芸も楽しいが、やはり落語です。いわゆる滑稽話。笑いながらも、下げとか落ちとか落としなどという話のおしまいの余韻にぼくの胸のじーんと感動するのはなぜだ?

とりは三遊亭圓遊師匠のぼくの大好きな仲良い夫婦話の「火焔太鼓」なのもうれしかった。
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png

Dr. JohnことMac Rebennackが逝ってしまった。アメリカのというか、世界の音楽シーンにぽっかりと空白の穴が空いている、そこにあったはずの地球の大事な重力の一つが無くなってしまったかのような、なんという寂しさだろうか。

ぼくがDr. Johnのコンサートに行ったのは二度ぐらいだろうか、たしか、そこは青山のブルーノート・トーキョーと渋谷のクアトロ。二度とも、ステージにはスタンウェイのグランド・ピアノが置かれ、ハモンド社製の電気オルガンとレズリー・スピーカー。クアトロで前座をしたBO GUMBOSのピアニスト、Dr.kyOnのインタビューによれば、そのピアノはDr. Johnの持ち込みのピアノで、kyOnはステージでそのピアノを使わせてもらえなかったそうだ。ビルの最上階のロフトのようなところにあるクアトロのステージにどのようにそのピアノをセットしたのだろうか? そのピアノは紫のガウンがかかり、髑髏が置かれていた。Dr. Johnがその髑髏について、彼の自伝「フードゥー・ムーンの下で("Under a Hoodoo Moon: The Life of Dr. John the Night Tripper")」どうしてあんなものをいつもピアノに置いているのかということについて、ピアノに髑髏をおくことは重要だ、ニューオーリンズの伝統だよ、おもしろいだろう、おれのやっている音楽はただの芸術だけというものでもない、見世物でもあるし、エンターテイメントでもあり、それはとても重要なことで、ピアノに髑髏を置くのさ、と言っていた。かっこいい。

同じく「フードゥー・ムーンの下で」によれば、ティーン・エイジャーのころからリズム・アンド・ブルースの演奏されるレコーディング・スタジオに入り浸り、そこでギターを弾き、日銭を稼いでいた。友だちの喧嘩の仲裁に入り左の薬指に怪我をして、ギタリストの道を断念して、ピアニストに転向する。そのかばった友だちがニューオーリンズにこのピアニストありといわれたRonnie Barronで、若いまだ"Dr. John"と名のっていないMac Rebennackにピアノを教えたのが、天才、James Booker。そんな若いころ、BeatlesやRolling Stonesがイギリスで出てきて、Dr. Johnはすでにニューオーリンズのプロのミュージシャンで、Rolling Stonesは自分たちの真似をしていると思ったそうだ。Beatlesについてはいい曲、書くなと思ったそう。ちなみに、ぼくの見たコンサートでは、ピアノ以外にもギターを弾きながら歌っている曲もあったように記憶している。ティーンエイジャーでスタジオでギターを弾いていたころは黒人音楽家協会に属していた唯一の白人でもあった。

伝説の写真家、Robert Flanktの映画「キャンディ・マウンテン(CANDY MOUNTAIN)」とかの脇役での悪態をつく嫌なじじい役のDr. Johnもやけにリアルでよかったなぁ。

ぼくの見たコンサートではまったく笑わない人で、たまにニヤリと微笑んでいた。Dr. JohnことMac Rebennackはぼくにとって、音楽家を超えた、映画俳優Dennis Hopperとならぶ、もっともかっこいいあこがれのアメリカ人だった。

今、ぼくはアルバム"Dr. John Plays Mac Rebennack"を聴きながら献杯しています。








entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
藤平信一さんの著した「心を静める」を読む。

藤平信一さんは心身統一合氣道会長であらせられ、合氣道の先生でもあるのだから、むしろ、藤平信一さんではなく藤平信一先生とお呼びしたほうがよいのかしら? 藤平信一先生の書かれた合氣道を通したビジネスマンへの啓発本のような内容でした。

この本によるいくつかの合氣道の心をご紹介すれば、合氣道には「心身一如」という言葉があるらしい。心が初めでも、身体が初めでもなく、心が体に働きかけ、体が心に働きかけ、それは一つということらしい。そして、「武道」とは、「合氣道」も「武道」なのだけれど、それは、「戈を止める道(ほこをとどめるみち)」といこと。戈とは武器のことで、「武道」は「争わない道」、「平和の道」なのだそう。「争わない道」、「平和の道」はとても長い道だけど、きっと、いい道ではないかしらなどと思いました。







entry_bottom_w.png
次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
plugin_top_w.png
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
9 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
えいちゃんのお奨め

ライブのお知らせ

ぼくのTwitter

plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[05/18 えいちゃん]
[05/18 勝永 紀久]
[07/24 dezire]
[11/27 どんな志望動機を書きますか]
[05/17 えいちゃん]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
えいちゃん
性別:
男性
職業:
S.E.
趣味:
音楽
自己紹介:
音楽を演奏したり聴いたりするのが好きです。
歌ってしまいます。そしてギターも少々。
Sam CookeやOtis Reddingなど古いR&Bが好きです。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新トラックバック
plugin_bottom_w.png
Copyright えいちゃん(さかい きよたか) by えいちゃん All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ